モービルスクゥエア長野店
長野県長野市
モービルスクゥエア

マッキントッシュ×デジタルオーディオ クロスオーバーインストール

ホームオーディオの老舗メーカー、McIntosh Audio のアナログオーディオと、アルパイン5.1chサウンドのクロスオーバー仕様です。

1.後部に乗せるスピーカーやアンプの搬入BOX作成!
McIntoshの30cmウーファー2つ 16cmリアスピーカーとキャパシター二個を取り付けるためのBOXです。
この向きが運転席側に向いたまま取付されます。

image


天板を箱から持ち上げウーファーの取り付け角度がどういう風に取り付けられるのかが見られます。

image


リアスピーカーのスペーサーをパテを盛りスラント状に仕上げます。
斜めにスピーカーを付けることによって中高域の音がドライバーにより聴きやすく、伝わりやすくなります。

image


リアスピーカーを取り付け中です。スペーサーのパテを磨き上げ、七色のフレーク2液ウレタン塗装でピカピカに仕上げます。

image


2.ツイーター部作成
これはドア部に取り付けるツイーターの一体型スペーサーの制作過程です。パテを盛り、型取りをします。最終仕上げは、ちょっとざらつきのあるフラットブラック塗装です。

image


上のスペーサーが完成し、ツイータースピーカーを装着しました。ツイーターは指向特性が強いため、取付け角度が重要ポイントです。カスタマイズしましたが、純正といわれてもわからないように美しく仕上げます。

image


これはリアスピーカーのツイーター用の箱です。仕上げは、フロントツイーターと同じ塗装です。

image


これはフロントスピーカーのリバイディングネットワークを納める箱です。ブルーのLEDを四つ埋め込み夜の演出をします。ケースカバーは厚さ5mmの透明アクリルを取り付けます。(さらにかっこよくなります)

image


ドア16cmウーファースピーカーのインナースペーサーを加工中。その後、型が整うまで納得するまで削ります。

image


なんとなく形に仕上がりました。 ちょっと車にのせてみます。

image


さらにMDFをカットし、BOXに40mmのネジを打ち込み強度、剛性を増していきます。(少しでも音に良い影響を与えるためです。)

image


七色フレーク、2液ウレタン塗装の完成です。

image


3.仕上げ工程
BOXに黒のレザーを貼り完成が間近です。サイン用の箱にブルーのネオン管を埋め込みます。ウーファー取り付け部分には丸型LEDを上下に埋め込んでいます。

image


各部配線をし、キャパシターやスピーカーを取り付けます。

image


BOX内部のシークレット写真です(!)。音の漏れが無いようにシーリングします。

image


天井にエンブレムをつけました。エンブレムもMDFを使い塗装します。

image


ここのスペースに作成したブラックBOXが乗りこみます。

image


BOXがついに S-MX に装着され、さらにマッキントッシュアンプが2枚FITされました。McIntoshのゴールドが高級感を演習しています。

image


箱の内側に30cmウーファーが2発。LED、サインがFITされ、点灯試験中。

image


キャパシターを2連装。ミラーとLEDのマッチングがとてもキレイ!

image


ド迫力アンプにMcIntosh ロゴを切り抜いたアクリルカバーを取り付け、高級感を演出。

image


ブルーライトの光の演出です。夜が待ちどうしくなりますね。

image


McIntosh独特のアナログ出力メータ。 ヘッドユニット横の小物入れを潰し、アナログ時計とタコメーターを2連装しインパネを強烈に演出しました。

image


待ち遠しい夜が来ました。すべて完成しこれから気に入った音楽をチョイスしドライブにGo!
鼻血サウンドの始まりです(* ̄ii ̄)♪

image





pagetop